密/室(仮店舗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

密/室(仮店舗)へようこそ

こんにちは。鈴木スズキです。

こちらは殊能将之氏創作の名探偵(笑)(<笑!?)石動戯作シリーズの二次創作(いわゆる女性向け)を取り扱うサイトです。
SSや同人活動報告を公開していきます。

“二次創作(いわゆる女性向け)”の意味がわからない方、その意味がわかるが大嫌いという方、お手数ですがこのページの存在はお忘れくださいますよう…。
また、当サイトは原作者様、出版社等の権益を侵害する意図で制作・運営されるものではないことを誓います。

◇コンテンツ◇
アン石SS→  lastup 120817
アン石絵→  
更新記録→ 
拍手/コメントお返事→ 
日記/小ネタ→ 
オフラインのおしらせ→ 


カップリング傾向や管理人への連絡先等々、このサイトの詳細については「続き」をクリックしてください。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

ミステリオンリーイベント「奇想館」に参加します

http://www.youyou.co.jp/only/kisou/index.html

枯れ木も山のにぎわいとはまさにこのこと!!参加します!
新刊は多分無理!あうあう。

けどペーパーくらいは!!!

あと、先日ゲンロンカフェでいただいたセンセーの過去の同人誌の抜粋コピー、
持って行きますのでご覧になりたい方はどうぞ。
PageTop

殊能センセー誕生日おめでとう!

ケーキ!

作品をありがとう…!
何度読み返しても好きだ!!
PageTop

アントニオ失踪妄想続き

冬コミ新刊のあとがきやツイッターで呟いたり(というかこっちが先か)した話ですが…。

アントニオが突然姿を消したら、大将は何年かけても探し出すに違いない、
そして再会した時にはアントニオの胸倉をつかんで泣きながら、
「名探偵を舐めるなよ!!」って言う、
アントニオは「ごめんなさい。あなたの前から消えるなら、本当ならアタシは死ねばよかったんだ。
なのに、どこかで見つけて欲しいって、思ってしまった。いつか見つけてくれるんじゃないかって。
待ってしまった。ごめんなさい。」って言う、とか、そのあと大将が
「かかった経費は来月のおまえの給料から天引きだからな!」て言うと、
アントニオが泣き笑いしながら「一生かかっても返します」、そう返す。
すると大将が、
「一生かかっても、じゃない。一生かけて返せ」
って言う(「うる星やつら」を思い出すー!!)ってな妄想をしてたんですが、
その後も妄想しちゃったんで書いておく!


まあもちろん再会した後はいろいろいたすべきことなどいたしてですね。

すると大将がなんか妙に元気ないんですよ。
でアントニオが
「どうしたんですか大将?」
「ん…?別に」
「何かあるなら何でも言って下さい」
って言ったら、
「何にも言わないのはおまえだろ!!」って。
「何にも言わずにいなくなったのはおまえじゃないか!」
「ぼくは、知ってるだろ、ぼくは……。わかんないんだ、そういうのが!」
「おまえが、何かに耐え切れないとか、嫌だと思ってるとか、言ってくれなきゃわかんないんだよ!」
「おまえが言えよ!ぼくの何が気に入らないとか我慢できないとか!」
って逆にキレてボロボロ泣く大将が見たい!な!


男前大将も好きですけど、初めての「感情」に戸惑う大将も好きです。
なんかいろいろあって、少しづつ近付いていく関係てゆーのいいですよね。


と、新年から妄想暴露大会でしたー。お目汚し(てへ)。
PageTop

コミックマーケット85 ありがとうございました!

コミケ85朝
設営を終えた机上。友人が貸してくれたパシフィック・リムのパンフレット(茶色の袋)の存在感…。

スペースへ足をお運びいただいた方、拙作をお持ちくださった方、
ありがとうございました…!
殊能話が出来るだけでも嬉しいのに、差し入れとか!美味しい!!!(ばくばくもぐもぐ)(ケダモノ…)
 ※動物にエサを与えないでください…懐くよ…。


「初読の時は萌えなかったんですけど、亡くなったって聞いて再読したら萌えちゃって」
と仰る方がいて、悲しくも嬉しかった…!
作家は亡くなっても作品は残るって本当だなあ。(いや、あの、萌えるとかそういうのは二次的な話でね)

「いつも見てますー」って言ってくれた方も!女神か!!天使か!!!


生きてるのか死んでるのかわからないようなこのサイトですが、
どっこい管理人は生きています(アン石者的な意味で)。

殊能作品にハマって丸6年となりました。
このスペシャル怠惰な管理人が何とかイベントごとに新刊を出している(というか出そうとしている)のは、
読んで下さる方、お声かけくださる方のおかげです。
(あと、大将がやっぱりクソ可愛いってことかな!)(台無し感)
と、私ごときがこんなふうに、作品を読んでいただけたり、お声かけいただけるってこと自体が、
殊能センセーのおかげなんですよね。
ありがとうセンセー!(なんかこう、怒られるっていうか苦笑いされそうだが)

今回の新刊のあとがきにも書いたんですが、
相変わらず年がら年中高田馬場の二人組について妄想しています。
ので、(ミカサっぽい)
まあ、結局マイペースでしか活動できないダメオタクなのですが、
今後ともおつきあいいただけるのなら、これほど嬉しいことはありません…!

2013年、本当に、本当に!色々有りましたが…。

このサイト(および管理人)はこんな感じで来年ももそもそしていると思います。
今年一年、ありがとうございました。
来年もまた、よろしくお願い致します。
PageTop

冬コミ告知の巻

遅い!!!!

あと一時弱で当日というこのタイミング!!

一応、新刊あり〼。
タイトルは「アルカモシレナイミライノハナシ」。
以前twitterで呟いた妄想を元にした超短編で、オリキャラ(依頼人)の一人称です。

「ハサミ男の秘密の日記」が載ったメフィストも持ってくよー。

基本一人でSPにおりますが、買い物に出る時なぞはtwitterで呟こうかと。
IDはトップ記事にてご確認くださいませ。


明日は寒いといいます…。
私はウルトラライトダウンのベストと貼るホッカイロの複数使い、
そして白湯持参で乗り切りたいと思います。

会場にお越しになる皆様、どうぞご無事で。
「命大事に」で。
PageTop

コミックマーケット85

こっちで告知してないとかどういう!なんたる!

スペースいただけましたー。

日曜日 東地区 ヤ 24b 密/室 です!


新刊出しますよ!出しますよ!!
PageTop

夏コミありがとうございました

記録的猛暑の中、スペースにお越しいただき本当にありがとうございました。

設営中に顎から汗が滴って驚愕しました…。
こんなん初めてだよ…!
それほど暑かった!!
(お肌はつるつるになりました…)


また、無事に新刊「人でなしの恋」を机上に並べることが出来ました。
お持ちくださった方、ありがとうございます!
その上ずうずうしく、感想などいただけると嬉しいです(てへ)。
今回はどうしても、なんとしても、ちゃんとした新刊を置きたかったので、
(作品の出来にはもどかしい思いがあるにしても)なんとかそれが出来てよかったです。


スペースに、殊能センセーのこと、最近知ったんです、と仰る方がいらっしゃいました。
追悼記事掲載のメフィストもご覧になれなかったとのことで、
ちょうど展示していたのを読んでいただいたり。
お話しているうちに、三月末が思い出されてまた泣けてきてしまいましたが、
(あーもー会場でメソメソしてスミマセンでした)
本当に「作品」の命って永遠なんだなあと思いました。

コミケ出展してよかった!


なんかねー、三十年後くらいの、大学とかのミステリサークルでさー、
「俺、あんまりメジャーじゃないけどさー、殊能将之好きなんだよね」
「お、俺も好き!ハサミ男良かったよね」
「でしょ!他の読んだ?うち、親父が好きでさ、全部揃ってたから」
みたいな会話がさー、あったらいいなー。
なんつうの「コアなミステリ好きなら必修の作家」みたいなポジションでさー。
ねえ。


新刊の話。
「人でなしの恋」は、こういうキーワードでこういう展開で、みたいなのはもう大分前から考えていたのですが、
オチが行方不明だったんですよ。
いや、「起こること」「出来事」は決まってたんですけど。
本当にいよいよ明日明後日にはコピーに行かないとギャア!!!というタイミングで、
「あ、アントニオは今回の騒動でコレを見つけたのかあ」と納得できるオチが掘り出されてきました。

本当はもっと長く書きたかった気がしています。
うわーそのうち改訂版とか出したらスミマセン。
(そんなことしていいのはキング島荘くらいですよ恐れ多い恐れ多い)
(あっ最近は有栖川先生も出してるかってどっちにしろ御大だよ!)


あと、ウチは出展していて、男性の方から「珍しい!殊能さんのサークルですか?」と言っていただけることが結構有りまして。
今回は机上に追悼帯の付いた「ハサミ男」を展示しておりました。
(講談社の公式帯ですよ。本屋に行ったら有ったので買ってしまった。何冊目だ「ハサミ男」)
もしかしたら、訃報をご存じない方もいるかもねーと思って。
実際うちの展示を見て、「えー!」と仰る方は見かけませんでしたが、
いつもより男性のお客様が多かったような。
同じ殊能ファンの殿方とお見受けするが、こんな(カップリング)本で本当に申し訳なし…!
(一応、購入前に「女性向けですよ」と一言申し上げてはおりますが)
だが、同じ殊能ファンということでこの歪んだ愛と心意気を受け取ってくれい!!
私が一番恥ずかしいんだ!!!
と、若干開き直っておりました…。


本当にこんな形でしか愛を叫べなくてスミマセン…。
けどこんな形でしか叫べないので今後も叫んでしまいます。

おつきあいいただける方はおつきあいいただければ幸いです。


画像は設営終了直後の机上。(どこか雑然とするのは何故なんだぜ)
20130810コミックマーケット84


PageTop

夏コミ

音沙汰無しでスミマセン(>_<)。

やっと夏コミのお知らせが出来ます…!


夏コミ新刊
「人でなしの恋」B6判52ページ
ちょっと長い(あくまでも当社比)話です。


予報ではかなり暑そうな…。
参加される方は「命だいじに」で!
萌えも!大事だけど!


PageTop

夏コミ!

スペースいただけました!

土曜日 西地区“や”ブロック-32a です。


さあ、頑張ろうぜ!
東京ビッグサイトでぼくと握手!(このネタがわかる人が今や何人いるのか)

PageTop

アントニオの誕生日

あれから一週間ですね。

メフィストも出ましたね。
3日に、都内の本屋で手に入れました。
購入する前に目次を見てページを探し、法月・大森両氏の追悼文を読んで、
また、こみあげてくるものがありました。
めそめそしながらレジに行ったので、春先の情緒不安定な人だと思われたと思います。

そして今日、大森望さんが出演して殊能センセーについて語ったラジオを聞いて、
またしんみりしてしまいました。

はあ。

なんだかやっと少しずつ、実感を覚えてきたかな…。



さて、そんな中、ツイッターでも呟いたアントニオの誕生日をここにも記載しておきます。
↓ツイッターの呟きコピペ。
アントニオの誕生日は1975年12月7日。
センセーと学生時代から親交のあるみなかみさんが、
以前センセーから直に(メールで)教えてもらったそうです。
みなかみさんから「皆で活用wして」とお許しをいただいたのでツイート。
大将とは八つ違いですね。


みなかみさん、ありがとうございました。
「ただのファン」の私がこれだけの喪失感を感じている今回の訃報、
実在の殊能センセーを知る、それこそ交わした会話やその時の姿を思い浮かべることの出来るみなかみさんや、
ご家族の喪失感、痛みはいかばかりかと思います。



アントニオの誕生日を公開させてもらったところで、
すでに知るところの多い石動さんの誕生日ではありますが(ご本人のサイトに掲載されたから)、
古いデータを漁ったら、その記事のスクリーンショットが出てきたので、貼り付けときます。
2002年の1月の記事でした。

というかそいういうのをスクショした自分にちょっと引きましたし(笑)、
こういうところに貼り付けるのはどうかなあと思ったりもしているのですが、
先生のサイトも無くなってしまったし、memoの部分はweb.archiveでももう見られなかったので、
同志の皆さんと共有しておきたくて…。
不快な方がいらしたら左のメールフォームからでもお知らせ下さい。
送る方のメアドなしでも送れます。


うん、今までと全く、何も変わらず、石動さんとアントニオが好きです。
もちろん古賀先輩や水城さん、脇役の刑事さんたちも。
本当に全然変わらなかった。
というか、なんとなく二人が(二人も)大切なものを失くしてしまった気がして、
愛おしくなった気がします。

磯崎さま、拍手コメントありがとうございます!
すごく嬉しかったです。
ちゃんとしたお返事はまた改めて!


では、以下にスクショを(クリックで大きくなります)。
石動さんお誕生日!

同志の皆さん、今後ともどうかよろしくお願い致します。
(ひとまず夏コミ受かれ!!(>人<))

PageTop

ご冥福なんて祈りたくない

昨日、殊能センセーの訃報を知りました。

自分でもびっくりするぐらい悲しかった。
ツイッターとか、以前ならmemoで、人柄とか考え方、好きなものや感じ方に触れていたからなんでしょうか。
すごく身近な人を「失くした」時と同じような喪失感があります。

そうですね。
ツイッターとかmemoって、その人が「生きてる」って事実や「生(なま)」を実感しやすいのかもしれません。

このサイトを開いたのも、イベントに「ミステリ、殊能将之」で申し込むのも、
ツイッターで「殊能クラスタ」の皆さんとわいわい盛り上がれるもの、
当たり前だけど、
センセーが存在してくれていたから、センセーが作品を書いてくれたから。

自分は、それこそミステリにハマる2006年まで特に読書家ではなかったので、
ちょうどその時にはセンセーの作品が存在していて、それを2007年に自分が読めたという巡り合せ、
いろんなものに感謝したいです。

センセーの存在を身近に感じていたからなのかはよくわかりませんが、
センセーの作品を読めて、自分がこんなサイト開いて本まで作って(いや、もちろんそれについては申し訳ない気持ちもありますが)、
同じくセンセーのファンである方々と交流を持てたこと、
全部がセンセーとの思い出な気もしています。
センセーの存在をどこかに感じつつ、過ごしてきた日々というか。

ツイッターで、(過去ログ漁ったら)二回リプいただいていて、
当時は(自分の素性が大きな原因ですが)ものすごくビビったものでしたが、
今となっては、「センセーとの思い出が増えた」ことに感謝しています。

数か月後でも、たとえ数年後でも、
また「オイッス!」って帰ってきてくれるもんだと、信じていました。
なんとなく、まだどこかでそんな気がしていて、
「ご冥福」なんて祈ってしまったら「そんな気」が霧散してしまいそうで、
今はまだその言葉は言えない感じ。

ただ、センセーの「これまで」が少しでも楽しかったらいいな、と思っています。


これからも愛していくよ(迷惑かしら…)。


追伸:アサギさん、メールありがとう~!元気出た!(^_^)
PageTop

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年も、あの…出来ればよろしくお願い致します(弱気)。

今年はもうちょっと活動的に過ごしたい…(日常生活でもオタ生活でも)と思っていますよ…。

PageTop

冬コミありがとうございました!

冬コミ、ありがとうございました!
久々の新作新刊が出せました。
久々過ぎてもう自分では成長してるのか後退してるのかよくわかんなくなってますが、
もし!よろしければ!感想とか一言いただけると!大変喜びます!(乞食)


さて昨日のことですが…。

私、感受性が鈍いのか、嬉しいこととか翌日以降になってこう、じわじわくるタイプなんですよ。
感受性が鈍いっていうか、バカなのかしら…。
まあいずれにせよ、今日になって、
「うわー…。楽しかった…」
「お話し出来て嬉しかった…」
「あんな…あんな嬉しいこと言ってもらえて…うう…」
と反芻(もぐもぐ)しております…。
お越しくださった皆様、お話しして下さった皆様、ありがとうございました!

そして!
気付いて下さいましたでしょうか、昨日私の隣にはアントニオが座っていたのですよ…!
ムフムフ。
正体は左カラムのリンクも有ります、「どうでもよろし。」の春阿部空璃ちゃん!
レイヤーさんなの。
言えない…横顔の…長髪から覗く形のいい鼻に…終始萌え萌えしていたなど!!(言ってる)
大将気分を味わえました。
登場時には「大将、お待たせ!」と言ってくれましたよ…。
照れが出て、「遅いぞ、アントニオ」と返せなかった自分に腹パン喰らわせたい気持ちですよ…。

私の方は(ってかまー私の話なんてこれほんとどーでもいー話だけどー)、
一応「黒い仏」登場シーン(大生部さんとこ行ったシーン)の大将のカッコ(もどき)をしておりました。
赤のもこもこセーターにジーンズという。
あとメガネ。

ものすごーく地味に有限会社ダム・オックスをビッグサイトに再現してみましたwww。


あっ、コスプレといえば、スペース前を寅さんが歩いてて、
「はっっっ、寅さん…!」と(リアルで)呟いたら「ニカーッ」と寅さんスマイルいただきました…。
良い日だった…。
これだから好きなんだ…(コミケって、とか、オタクって、とかが続く)。



楽しいことと共に寂しいこともありました。
リンク貼らせていただいている「渡部十燭燈」(サークル名は「夢観音」)様が今回でファイナル…!

思えば数年前、作品はもちろん大好きなんですが、
日記もすごく面白くて大好きで日付を遡りながらねっとり読んでいたら「ロポンギルズ」なる表記を発見し…。
もっと読んだら実は以前殊能本を出されていたと知り…。
いてもたってもいられずスペースに突撃したのでした…。
(こうして書くと図々しいなちょっと前の私)(今もですねそうですね)(渡部さんがいい方で本当に良かった…良かったよう…)
今でも作品を拝見する度に「金田一シリーズ(本家)」が読みたくなってウズウズします。

体調がおもわしくないとのことで、もちろんお体優先!なのですが、
いつでも戻ってこられるのが同人のいいところ(恐ろしいところとも言う)。
万全の体調でまた作品を発表してくださることを心からそしていつまでもお待ちしております。


画像は昨日、iphoneからツイッターにポストしたつもりが結局反映されなかった設営直後のマイスペース。
最近、この敷布の魚の上下を間違えなくなりました。
夏コミよりお越し下さった方が多かったような気がする。(殊能作品キタコレ)(幻想?)
お世話になった皆様、そして友人のみんな、本当にありがとうございました!
そしてこの場を提供してくれる準備会とそのスタッフ、その維持を願い行動する「仲間たち」オタク紳士淑女たちにも敬意と感謝を。

来年もよろしくお願い致します。


設営完了!

PageTop

あっそれと

さらに空気を読まずに「アン石アン石」言いたい時に言うべく、
また、今までのIDで繋がっている方のご迷惑にならずにこのサイトの告知などするべく、
ツイッターのIDをもう一個取りました。

いや、今までのIDで繋がってる方皆さんミステリファンあるいは腐女子なので話題としてはOKなんだけど…。
なんていうの!!
なんていうの!
「ミステリ話で盛り上がってる中こんな弱小サークルの告知してスミマセン…!!」
「皆さんが萌え萌えしてる中ホントすみません」
「生まれてきてスミマセン…!」
みたいな気持ちになるんだよ!!
(尊大な小心者)

だもんだから、ね…(遠い目)。

えーと、IDは @ox_bmub です。
ダム・オックスの逆さ読み。

気が向いたら覗いていただければ!
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。