密/室(仮店舗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミステリオンリーイベント「奇想館」に参加します

http://www.youyou.co.jp/only/kisou/index.html

枯れ木も山のにぎわいとはまさにこのこと!!参加します!
新刊は多分無理!あうあう。

けどペーパーくらいは!!!

あと、先日ゲンロンカフェでいただいたセンセーの過去の同人誌の抜粋コピー、
持って行きますのでご覧になりたい方はどうぞ。

スポンサーサイト

PageTop

コミックマーケット85 ありがとうございました!

コミケ85朝
設営を終えた机上。友人が貸してくれたパシフィック・リムのパンフレット(茶色の袋)の存在感…。

スペースへ足をお運びいただいた方、拙作をお持ちくださった方、
ありがとうございました…!
殊能話が出来るだけでも嬉しいのに、差し入れとか!美味しい!!!(ばくばくもぐもぐ)(ケダモノ…)
 ※動物にエサを与えないでください…懐くよ…。


「初読の時は萌えなかったんですけど、亡くなったって聞いて再読したら萌えちゃって」
と仰る方がいて、悲しくも嬉しかった…!
作家は亡くなっても作品は残るって本当だなあ。(いや、あの、萌えるとかそういうのは二次的な話でね)

「いつも見てますー」って言ってくれた方も!女神か!!天使か!!!


生きてるのか死んでるのかわからないようなこのサイトですが、
どっこい管理人は生きています(アン石者的な意味で)。

殊能作品にハマって丸6年となりました。
このスペシャル怠惰な管理人が何とかイベントごとに新刊を出している(というか出そうとしている)のは、
読んで下さる方、お声かけくださる方のおかげです。
(あと、大将がやっぱりクソ可愛いってことかな!)(台無し感)
と、私ごときがこんなふうに、作品を読んでいただけたり、お声かけいただけるってこと自体が、
殊能センセーのおかげなんですよね。
ありがとうセンセー!(なんかこう、怒られるっていうか苦笑いされそうだが)

今回の新刊のあとがきにも書いたんですが、
相変わらず年がら年中高田馬場の二人組について妄想しています。
ので、(ミカサっぽい)
まあ、結局マイペースでしか活動できないダメオタクなのですが、
今後ともおつきあいいただけるのなら、これほど嬉しいことはありません…!

2013年、本当に、本当に!色々有りましたが…。

このサイト(および管理人)はこんな感じで来年ももそもそしていると思います。
今年一年、ありがとうございました。
来年もまた、よろしくお願い致します。
PageTop

冬コミ告知の巻

遅い!!!!

あと一時弱で当日というこのタイミング!!

一応、新刊あり〼。
タイトルは「アルカモシレナイミライノハナシ」。
以前twitterで呟いた妄想を元にした超短編で、オリキャラ(依頼人)の一人称です。

「ハサミ男の秘密の日記」が載ったメフィストも持ってくよー。

基本一人でSPにおりますが、買い物に出る時なぞはtwitterで呟こうかと。
IDはトップ記事にてご確認くださいませ。


明日は寒いといいます…。
私はウルトラライトダウンのベストと貼るホッカイロの複数使い、
そして白湯持参で乗り切りたいと思います。

会場にお越しになる皆様、どうぞご無事で。
「命大事に」で。
PageTop

コミックマーケット85

こっちで告知してないとかどういう!なんたる!

スペースいただけましたー。

日曜日 東地区 ヤ 24b 密/室 です!


新刊出しますよ!出しますよ!!
PageTop

夏コミありがとうございました

記録的猛暑の中、スペースにお越しいただき本当にありがとうございました。

設営中に顎から汗が滴って驚愕しました…。
こんなん初めてだよ…!
それほど暑かった!!
(お肌はつるつるになりました…)


また、無事に新刊「人でなしの恋」を机上に並べることが出来ました。
お持ちくださった方、ありがとうございます!
その上ずうずうしく、感想などいただけると嬉しいです(てへ)。
今回はどうしても、なんとしても、ちゃんとした新刊を置きたかったので、
(作品の出来にはもどかしい思いがあるにしても)なんとかそれが出来てよかったです。


スペースに、殊能センセーのこと、最近知ったんです、と仰る方がいらっしゃいました。
追悼記事掲載のメフィストもご覧になれなかったとのことで、
ちょうど展示していたのを読んでいただいたり。
お話しているうちに、三月末が思い出されてまた泣けてきてしまいましたが、
(あーもー会場でメソメソしてスミマセンでした)
本当に「作品」の命って永遠なんだなあと思いました。

コミケ出展してよかった!


なんかねー、三十年後くらいの、大学とかのミステリサークルでさー、
「俺、あんまりメジャーじゃないけどさー、殊能将之好きなんだよね」
「お、俺も好き!ハサミ男良かったよね」
「でしょ!他の読んだ?うち、親父が好きでさ、全部揃ってたから」
みたいな会話がさー、あったらいいなー。
なんつうの「コアなミステリ好きなら必修の作家」みたいなポジションでさー。
ねえ。


新刊の話。
「人でなしの恋」は、こういうキーワードでこういう展開で、みたいなのはもう大分前から考えていたのですが、
オチが行方不明だったんですよ。
いや、「起こること」「出来事」は決まってたんですけど。
本当にいよいよ明日明後日にはコピーに行かないとギャア!!!というタイミングで、
「あ、アントニオは今回の騒動でコレを見つけたのかあ」と納得できるオチが掘り出されてきました。

本当はもっと長く書きたかった気がしています。
うわーそのうち改訂版とか出したらスミマセン。
(そんなことしていいのはキング島荘くらいですよ恐れ多い恐れ多い)
(あっ最近は有栖川先生も出してるかってどっちにしろ御大だよ!)


あと、ウチは出展していて、男性の方から「珍しい!殊能さんのサークルですか?」と言っていただけることが結構有りまして。
今回は机上に追悼帯の付いた「ハサミ男」を展示しておりました。
(講談社の公式帯ですよ。本屋に行ったら有ったので買ってしまった。何冊目だ「ハサミ男」)
もしかしたら、訃報をご存じない方もいるかもねーと思って。
実際うちの展示を見て、「えー!」と仰る方は見かけませんでしたが、
いつもより男性のお客様が多かったような。
同じ殊能ファンの殿方とお見受けするが、こんな(カップリング)本で本当に申し訳なし…!
(一応、購入前に「女性向けですよ」と一言申し上げてはおりますが)
だが、同じ殊能ファンということでこの歪んだ愛と心意気を受け取ってくれい!!
私が一番恥ずかしいんだ!!!
と、若干開き直っておりました…。


本当にこんな形でしか愛を叫べなくてスミマセン…。
けどこんな形でしか叫べないので今後も叫んでしまいます。

おつきあいいただける方はおつきあいいただければ幸いです。


画像は設営終了直後の机上。(どこか雑然とするのは何故なんだぜ)
20130810コミックマーケット84


PageTop

夏コミ

音沙汰無しでスミマセン(>_<)。

やっと夏コミのお知らせが出来ます…!


夏コミ新刊
「人でなしの恋」B6判52ページ
ちょっと長い(あくまでも当社比)話です。


予報ではかなり暑そうな…。
参加される方は「命だいじに」で!
萌えも!大事だけど!


PageTop

夏コミ!

スペースいただけました!

土曜日 西地区“や”ブロック-32a です。


さあ、頑張ろうぜ!
東京ビッグサイトでぼくと握手!(このネタがわかる人が今や何人いるのか)

PageTop

冬コミありがとうございました!

冬コミ、ありがとうございました!
久々の新作新刊が出せました。
久々過ぎてもう自分では成長してるのか後退してるのかよくわかんなくなってますが、
もし!よろしければ!感想とか一言いただけると!大変喜びます!(乞食)


さて昨日のことですが…。

私、感受性が鈍いのか、嬉しいこととか翌日以降になってこう、じわじわくるタイプなんですよ。
感受性が鈍いっていうか、バカなのかしら…。
まあいずれにせよ、今日になって、
「うわー…。楽しかった…」
「お話し出来て嬉しかった…」
「あんな…あんな嬉しいこと言ってもらえて…うう…」
と反芻(もぐもぐ)しております…。
お越しくださった皆様、お話しして下さった皆様、ありがとうございました!

そして!
気付いて下さいましたでしょうか、昨日私の隣にはアントニオが座っていたのですよ…!
ムフムフ。
正体は左カラムのリンクも有ります、「どうでもよろし。」の春阿部空璃ちゃん!
レイヤーさんなの。
言えない…横顔の…長髪から覗く形のいい鼻に…終始萌え萌えしていたなど!!(言ってる)
大将気分を味わえました。
登場時には「大将、お待たせ!」と言ってくれましたよ…。
照れが出て、「遅いぞ、アントニオ」と返せなかった自分に腹パン喰らわせたい気持ちですよ…。

私の方は(ってかまー私の話なんてこれほんとどーでもいー話だけどー)、
一応「黒い仏」登場シーン(大生部さんとこ行ったシーン)の大将のカッコ(もどき)をしておりました。
赤のもこもこセーターにジーンズという。
あとメガネ。

ものすごーく地味に有限会社ダム・オックスをビッグサイトに再現してみましたwww。


あっ、コスプレといえば、スペース前を寅さんが歩いてて、
「はっっっ、寅さん…!」と(リアルで)呟いたら「ニカーッ」と寅さんスマイルいただきました…。
良い日だった…。
これだから好きなんだ…(コミケって、とか、オタクって、とかが続く)。



楽しいことと共に寂しいこともありました。
リンク貼らせていただいている「渡部十燭燈」(サークル名は「夢観音」)様が今回でファイナル…!

思えば数年前、作品はもちろん大好きなんですが、
日記もすごく面白くて大好きで日付を遡りながらねっとり読んでいたら「ロポンギルズ」なる表記を発見し…。
もっと読んだら実は以前殊能本を出されていたと知り…。
いてもたってもいられずスペースに突撃したのでした…。
(こうして書くと図々しいなちょっと前の私)(今もですねそうですね)(渡部さんがいい方で本当に良かった…良かったよう…)
今でも作品を拝見する度に「金田一シリーズ(本家)」が読みたくなってウズウズします。

体調がおもわしくないとのことで、もちろんお体優先!なのですが、
いつでも戻ってこられるのが同人のいいところ(恐ろしいところとも言う)。
万全の体調でまた作品を発表してくださることを心からそしていつまでもお待ちしております。


画像は昨日、iphoneからツイッターにポストしたつもりが結局反映されなかった設営直後のマイスペース。
最近、この敷布の魚の上下を間違えなくなりました。
夏コミよりお越し下さった方が多かったような気がする。(殊能作品キタコレ)(幻想?)
お世話になった皆様、そして友人のみんな、本当にありがとうございました!
そしてこの場を提供してくれる準備会とそのスタッフ、その維持を願い行動する「仲間たち」オタク紳士淑女たちにも敬意と感謝を。

来年もよろしくお願い致します。


設営完了!

PageTop

冬コミ

スペースいただけました!

29日(土曜日)東地区 エ31a 「密/室」です!

取り急ぎお知らせまで!(^o^)/

気合いを入れるために、高田馬場へ行ってアン石成分を吸い込んでこようと思います…!!

PageTop

夏コミ販売物等のおしらせ!

8月10日金曜日 東ユ04b「密/室」です!

当日の販売物!

■新作新刊「ひとでなしの恋」、諦めました…!
人殺しであり、ひとでなしであったアントニオが石動さんと出会って恋をして、
いかにして人となりしか(大げさ)という物語を書きたかったのですが、
書いているうちに、「ん?こう言われたら石動さんはこう言うんじゃない?」
「て、言われたらアントニオはこうするんじゃない?」
「あれ、言わせたかったセリフを言ってくれなくなっ」
てな状態になって、かと言って日は迫ってくるしで、頭がパーンとなりました…。

馬鹿なの?死ぬの?

死ぬ前に頭の中の妄想を吐き出したいのでまだ死にません。(すみません)
夏は駄目だったけど、いつか出しますので、その時には是非お付き合い下さいませ…!!!


↓こっちは確実に出る新刊

■再録集「クレイジーフォーユー」
フルカラーカバー付き文庫サイズ、284ページ、500円

これまでに書いたもの全て(サイト掲載分も同人誌掲載分も)を
ほぼ作中時系列に並べて再録しました。

再録集ということで、
「読んだことのある作品が入ってるのに…」
という(奇特な)方が出ないよう、
また、
「こないだ殊能作品にハマって、初めて同人誌買いにきたんですー!」
という若くて!可愛い!女の子が!いないとは!限らない!!ので、
(これまでに出した本の頒布価格はゼロ円でしたので)
夏コミ後になってしまいますが、これまで同人誌にしか掲載が無かった作品も全部ここ(サイト)に掲載します。
(サイトを見ていただくお手間はかかりますが…)

つまり、コンテンツとしては「買う」価値の無い本です。(ここ重要)
購入の際にはひと声かけさせていただきますが、ご注意いただければ幸いです。


■委託!
ふはははははは、ツイッター万歳!(どちらもツイッターで委託させて下さいってお願いしたのです!)

スバルスピカ様の「名探偵に花束を」を委託させていただきます!
「国産名探偵アンソロジー」と銘打たれた、愛と読むとこ沢山!の本ですよ!
もちろん我らが名探偵石動戯作氏のページもあります!
お楽しみに!

そして、とうとうこの日がやってきた!
スパークでの麻耶プチオンリーのチラシを委託させていただきます!
楽しそう…!(わくわくぷるぷる)
こちらもお楽しみに!!


■企画
ええーと、皆さん「子どもの王様」のノベルスは購入されましたか。
そんな嬉しいニュースの陰で、殊能先生の公式サイト「マーシースノー」が消滅してしまいました。
先生の呟きによれば、so-netのバグか何かじゃないかとのことなんですが、
「べつにいいか」とか言ってんなよコラこのハゲ!!!!
とか思ったことはまあ本当のことなんですが(苦笑)、まあとにかく無くなってしまいまして…。
なんとなく(?)危機感が。

こんなみみっちい、おまけに腐ったサークルでも、ファンはいるぞと内外(どこ)にアピールしたいし、
あわよくば新しい読者に、殊能作品に興味持ってもらったり、
今、殊能先生の作品を好きでも、以前出たインタビューとか読まれてない方も多いのではとの思いから、
先生のインタビューやコラムの載った雑誌等を展示します。
閲覧自由。(私が席にいる間は)

ミステリー系だけですが、展示予定のものは以下です。
・ユリイカ(インタビュー)
・IN☆POCKET("鮎井さんの"エッセイ)
・ミステリー迷宮路案内(インタビュー)
・狂乱西葛西日記20世紀remix(大森望さんのネット日記の書籍化。お名前が出てくるくらいですが)
・ドン・イシドロ・パロディ 六つの難事件(石動さんの名前の由来になった作品)

あと「子どもの王様」は展示する。


では、当日!
暑そうですが、皆様お気をつけて!
国際展示場で私とアン石話しようず!(これが「後楽園遊園地で僕と握手!」のパロディだと分かる人がどれくらいいるのか)

あ、それと夏コミ中はツイッターに鍵かけようかと思っています。
色々実況的に呟きたいのですが「このアホがこいつか…」なんて特定されて笑われるのを避けたい(笑)。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。