FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ハチワンダイバー(のホモ)についてこっちでも

日記サイトの方でもぎゃーすか言ってたんですが、そっちでは言い辛かったことをこっちで。

斬野ってアントニオだなあって…思ってるんですけど…(チラチラと人の目を窺いながら)。
あ、ポジションは受と攻で逆だけどね!

さて、そのへんについて、ハチワンのストーリーのバレも含みますし、
こういう話題が好ましくない方も多分おいでかと思いますので、“続き”から…!

いやなんか斬野が一途に真摯に澄野さんを想っているところがね…!

そんで、そんなだけど澄野さんに対して具体的にアプローチするとかそういうことを、
「しちゃいけないこと」として“自重”してるのがね…!
でもその割りに、何の遠慮もてらいもなく澄野さんに迫り倒すチッチさんにしっかり嫉妬して、
「僕は自重している(んだから)」って、その場で言っちゃうあたりすごいオープンだけど…。

本当に恋しているんだな、と思うわけですよ。
自分の命と天秤にかけられるっていう重さと
「腕を組んで浜辺を歩きたい」とかそういう可憐さ、軽さが同居してるのがすごくいい。
せつなかわいい。
終局で悲恋になっちゃったけど…。

そしてアントニオの恋心もこれに近いと思っているのですがどうだろう。
(オメーの頭の中なんぞ誰も責任とれねーよ)(ごもっとも)
受攻逆だけど。受攻逆だけど。
大して大事なことでもありませんが二度言いました。

アントニオにとっての石動さんもなんというかただの恋(だけ)の相手じゃない…と私は思っていて…。
なんかちゃんと家族がいて友達がいる人なら、例えその想い人を失っても周りの誰か(達)が支えてくれるじゃないですか。
支えというのは、逆に誰かを支えていることも含みますけど。
でもアントニオにはそういう誰かなんかいないでしょう?
石動さんしかいないでしょう?
なんか、その分、石動さんがアントニオにとってすごく大切な人、失いたくない人で、
失った時の衝撃や喪失感に対する“恐怖”もすごく大きそうで、そこがね…!

いや、まだそのへん描かれてないだけかもしれないからアレですけど。
新宿あたりに友人がいたり、カゲキくんと仲良くなってりしてるかもしれないですけど。
(いつか描かれる日が来ゴフゴフッ)(ハッ、血だ…!!!)

で、そんな“重い”情念めいたものを抱えつつ、
「かわいいなあ」とか
「触りたい」とかなんというかポップなことも考えちゃうというか思ってしまうのが、
アントニオの恋だろうと!(勝手に!)思ってるわけです!

そういう両方(マクロとミクロというか)を感じているのがなんというかリアルな恋だなあと…!!

あとついでに。
「なんでこの人こんなに強情なんだろう」とか
「ケチだなあ」とか
すっごいつまんない矮小な感情も日常的に感じてるといい…!
でも好きなんだよ、そこは揺るがないんだよ。


でもねー。
ここで斬野とアントニオの“恋人生”を大きく分けるのが「想い人」のキャラクターなんだよねー。

澄野さんは斬野の“想い”には確実に気が付いてた…と思うのです。
対局を見つめる斬野に、普通に「斬野。視線が熱い」とか言ってるし。なれっこっていうか。
気付いていたけど自分はゲイじゃないし、斬野から特に決断迫られることもないし、
寿命は(本来なら)あと三年あるし、って感じでその想いに応えるかどうか決めてなかった…んじゃないかと。
でも多分、斬野が告白したり、本来の寿命が近づいてきた時には、
何か「答え」は用意してやらんとな、とは考えてたと思う。

いや決めてなかったのは肉体関係を持つかどうかという未知の領域に対して、だけかも。
想いに“応える”気は有ったんじゃないかな…。

だから最期の直前、他の誰にも目もくれず、
「言っとくことあるか?俺に」「時間がない」
だったんだと思う。
そしてその答えもわかってた。
だから最期に言わせてあげた、聞いてあげた。
だってその答えに全く驚いてなかったもの澄野さん。
ボロボロ泣いて「好き です」って言う斬野にさらりと
「泣くな」
だもん…!!!!!

そら「澄野さん」「澄野さぁん」って泣くわ!!!!!!(俺も泣いたわ…!)
そらあ惚れるわ!つうか惚れて正解!斬野は見る目ある…!!
そして恋は実らなかったけど、想いは報われてるわけですよ!
(スピンアウトの「ザンガード」ではもっとちゃんと“救済”されているけどね!)


ね?
こういう懐の深さは石動さんには無さそうじゃないですか?
(いやでもそこがいいんです!そこが大事なんですあの人は!マジでマジで!!)
(私本当に石動さんのこと好きですよ!!!)
なんか常に自分のことで手いっぱいっていうか。

そうかと思うとヘンなところで小さなことに気付いたり気遣いを見せたりして、
“まったく読めない”人である、というのもマイ萌え(つうかマイ設定?)なのですが!

天使だから!石動さん天使だから!(人の"普通"からの乖離っぷりが!)

(その読めなさ加減も含め)アントニオの苦労を…修羅の道を思うと泣けてくるぜ…!
あはははは。(笑うとるやないかい)


まあでも斬野の恋は生きているうちは絶対に成就しないわけで、
それを考えるとどっちが幸せかはわかりませんね。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

Twitter < > Reload

プロフィール

鈴木スズキ

Author:鈴木スズキ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2カウンター

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。