密/室(仮店舗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏コミありがとうございました

記録的猛暑の中、スペースにお越しいただき本当にありがとうございました。

設営中に顎から汗が滴って驚愕しました…。
こんなん初めてだよ…!
それほど暑かった!!
(お肌はつるつるになりました…)


また、無事に新刊「人でなしの恋」を机上に並べることが出来ました。
お持ちくださった方、ありがとうございます!
その上ずうずうしく、感想などいただけると嬉しいです(てへ)。
今回はどうしても、なんとしても、ちゃんとした新刊を置きたかったので、
(作品の出来にはもどかしい思いがあるにしても)なんとかそれが出来てよかったです。


スペースに、殊能センセーのこと、最近知ったんです、と仰る方がいらっしゃいました。
追悼記事掲載のメフィストもご覧になれなかったとのことで、
ちょうど展示していたのを読んでいただいたり。
お話しているうちに、三月末が思い出されてまた泣けてきてしまいましたが、
(あーもー会場でメソメソしてスミマセンでした)
本当に「作品」の命って永遠なんだなあと思いました。

コミケ出展してよかった!


なんかねー、三十年後くらいの、大学とかのミステリサークルでさー、
「俺、あんまりメジャーじゃないけどさー、殊能将之好きなんだよね」
「お、俺も好き!ハサミ男良かったよね」
「でしょ!他の読んだ?うち、親父が好きでさ、全部揃ってたから」
みたいな会話がさー、あったらいいなー。
なんつうの「コアなミステリ好きなら必修の作家」みたいなポジションでさー。
ねえ。


新刊の話。
「人でなしの恋」は、こういうキーワードでこういう展開で、みたいなのはもう大分前から考えていたのですが、
オチが行方不明だったんですよ。
いや、「起こること」「出来事」は決まってたんですけど。
本当にいよいよ明日明後日にはコピーに行かないとギャア!!!というタイミングで、
「あ、アントニオは今回の騒動でコレを見つけたのかあ」と納得できるオチが掘り出されてきました。

本当はもっと長く書きたかった気がしています。
うわーそのうち改訂版とか出したらスミマセン。
(そんなことしていいのはキング島荘くらいですよ恐れ多い恐れ多い)
(あっ最近は有栖川先生も出してるかってどっちにしろ御大だよ!)


あと、ウチは出展していて、男性の方から「珍しい!殊能さんのサークルですか?」と言っていただけることが結構有りまして。
今回は机上に追悼帯の付いた「ハサミ男」を展示しておりました。
(講談社の公式帯ですよ。本屋に行ったら有ったので買ってしまった。何冊目だ「ハサミ男」)
もしかしたら、訃報をご存じない方もいるかもねーと思って。
実際うちの展示を見て、「えー!」と仰る方は見かけませんでしたが、
いつもより男性のお客様が多かったような。
同じ殊能ファンの殿方とお見受けするが、こんな(カップリング)本で本当に申し訳なし…!
(一応、購入前に「女性向けですよ」と一言申し上げてはおりますが)
だが、同じ殊能ファンということでこの歪んだ愛と心意気を受け取ってくれい!!
私が一番恥ずかしいんだ!!!
と、若干開き直っておりました…。


本当にこんな形でしか愛を叫べなくてスミマセン…。
けどこんな形でしか叫べないので今後も叫んでしまいます。

おつきあいいただける方はおつきあいいただければ幸いです。


画像は設営終了直後の机上。(どこか雑然とするのは何故なんだぜ)
20130810コミックマーケット84


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。